TOP

オンサイトEL測定サービス

On-site EL measurement service

トーエネックの新技術
太陽電池の異常箇所を早期発見
機会損失を未然に防ぐ
ドローンを使った新たなサービス
オンサイトEL測定

オンサイトEL測定とは

ABOUT

On-site EL measurement service

電圧印加による発光 / 太陽光による発電

太陽電池製造メーカが製品出荷時に行う検査手法を、現地の屋外での診断に活用した技術です。
I-V特性測定や熱画像測定は、異常を電気特性や熱特性として間接的に検出する手法です。それに対し,EL測定は、目視では確認できないセル割れや、電極の断線といった発電性能に直接影響を及ぼす全ての異常を検出できるメリットがあります。

ELとは

EL : Electro luminescence
(電界発光)の略 → 太陽電池の発光

電圧印加による発光 / 太陽光による発電

EL測定とは

工場出荷前に精密検査として使われる手法、
従来は工場の暗室内で利用されていました。

太陽電池モジュール / 高解像度カメラ

測定結果

暗転している部分が異常箇所。
画像から様々な異常を検出可能。

ABOUT

5つのポイント

POINT

5 VALUES

POINT1

独自改良したカメラを使うことでPID現象の早期発見

独自改良したカメラを使うことで、1枚の画像を撮影するのに10~30秒かかっていたEL測定を、動画で撮影することに成功しました。また、そのカメラをドローンに搭載することで、測定の効率化や、測定範囲の拡大を実現しました。

POINT2

高所作業でもドローンを使うことで
転落の危険性を回避

ドローンを使うことで、工場屋根上に設置された太陽電池を測定する際、測定者が屋根上を移動する必要が無くなり、転落の危険性を回避することができます。

POINT3

夜間に測定を行うため、大切な発電量に影響しません

トーエネックのEL測定は夜間に行うため、ダウンタイムを発生させません。そのため、検査や修理時などに気になる売電量に影響しません。また、測定者も感電のリスクがないため、安全に測定できます。

POINT4

目視だけでは行えない、
太陽電池内の様々な異常を検出可能

目視ではわからない、バイパスダイオードの故障や太陽電池セルのクラック・欠陥,発電量が大きく低下するPID現象など、太陽電池セルに起こる様々な異常を検出できます。

POINT5

「準備」「測定」「撤去」までの
時間を従来のEL測定方法から大幅に現象

準備、測定、撤去までの時間を従来のEL測定方法から大幅に削減。EL測定にかかる時間を短縮したことで、測定費用の削減につながります。

オンサイトEL測定の特徴

オンサイトEL測定の特徴

Our speciality

ドローンを使用する場合の特長

ドローンを活用することで,今まで測定困難であった場所も測定できます。
工場屋根上など太陽電池が敷き詰められたシステムでも測定可能です。

ドローンを使用する場合の特長

ドローンを使用する場合の特長
ドローンを活用することで,今まで測定困難であった場所も測定できます。
工場屋根上など太陽電池が敷き詰められたシステムでも測定可能です。

安全・スピーディ・多機能
トーエネックのドローンEL測定

トーエネックのドローンEL測定

安全・スピーディ・多機能
トーエネックのドローンEL測定

地上から測定したEL測定では、奥行きがあるため地上撮影では全ての太陽電池に焦点が合いにくく測定に時間と技術が必要になります。また、高所での作業では安全性からも問題視されていましたが、ドローンを用いることで、太陽電池に対して焦点が合い、安全性も高めることを実現しました。
地上から撮影すると、上の方の太陽電池は焦点が合いにくい。 地上から撮影すると、上の方の太陽電池は焦点が合いにくい。
地上から撮影すると、上の方の太陽電池は焦点が合いにくい。
可視画像と同じく、上の方の太陽電池は焦点が合いにくい。 地上から撮影すると、上の方の太陽電池は焦点が合いにくい。
可視画像と同じく、上の方の太陽電池は焦点が合いにくい。 可視画像と同じく、上の方の太陽電池は焦点が合いにくい。
可視画像と同じく、上の方の太陽電池は焦点が合いにくい。
モジュール全体に焦点が合い、診断に適した画像が得られる。 モジュール全体に焦点が合い、診断に適した画像が得られる。
モジュール全体に焦点が合い、診断に適した画像が得られる。 モジュール全体に焦点が合い、診断に適した画像が得られる。
モジュール全体に焦点が合い、診断に適した画像が得られる。

ドローンEL測定のシステム

ドローンEL測定のシステム

ドローンEL測定のシステム

①ドローンにEL測定用カメラを搭載しています。②カメラの映像を遠隔で確認できるモニターがあります。③ドローン用のコントローラと、カメラの方向を操作できるコントローラがあります。

ドローンEL測定の人員システム構成

ドローンEL測定の人員システム構成

太陽電池を設置したままEL測定が可能です。今まで工場の暗室でしかできなかった精密検査を現地で(オンサイト)測定できます。太陽電池を架台から取り外す必要がないため、測定費用を大幅に削減(測定時間・人件費)できます。また、作業中に太陽電池を落として故障させる危険性がありません。

診断手法 発生リスク EL測定 熱画像測定 I-Vカーブ測定
測定条件 - 夜間・停止時に電流を流す 昼間・運転時 昼間・停止時
発電への影響 - なし なし あり
セルクラック・欠陥 茶変すると発火・漏電の危険 △(発熱する場合) ×
ガラス割れ ガラス飛散漏電 △(度合による)
PID(※1)現象 発電量減少 ×
BPD(※2)短絡故障 発電量減少・発熱
BPD開放故障 影により発熱 × ×

※1:電圧誘起劣化(Potential Induced Degradation) ※2:バイパスダイオード

オンサイトEL測定の強み

オンサイトEL測定の強み

Our advantage

太陽電池内の様々な
異常を検出できます

太陽電池内の様々な異常を検出できます

発電に影響を及ぼす異常が発生している箇所まで特定可能です。
他の測定手法では分からないPID現象の発生箇所を特定できます。

他の測定手法では分からないPID現象の発生箇所を特定できます。

熱画像測定手法なら

熱画像測定手法なら
PID現象が発生しているかわかりません。
PID現象が発生しているかわかりません。 PID現象が発生しているかわかりません。

オンサイトEL測定なら

オンサイトEL測定なら
PID現象の進行度合いや発生箇所まで特定可能。

太陽電池を設置したまま
EL測定が可能です

EL測定が可能です

今まで工場の暗室でしかできなかった精密検査を現地で(オンサイト)測定できます。太陽電池を架台から取り外す必要がないため、太陽電池を落として故障させる危険性がありません。また、測定費用を削減(測定時間・人件費)できます。

従来のEL測定なら

従来のEL測定なら

従来のEL測定なら
架台から取り外し、測定する必要があります。
架台から取り外し、測定する必要があります。 架台から取り外し、測定する必要があります。

オンサイトEL測定なら

オンサイトEL測定なら
架台から太陽電池を取り外す必要がありません。

夜間に測定を行うため
発電量に影響しません

発電量に影響しません

I-Vカーブ測定のように発電を停止する必要がありません。
熱画像測定のように測定結果に日射の影響を受けません。

熱画像測定のように測定結果に日射の影響を受けません。

I-Vカーブ手法なら

I-Vカーブ手法なら
発電を停止する必要があり、天候も良い日でないと測定不可
発電を停止する必要があり、天候も良い日でないと測定不可 発電を停止する必要があり、天候も良い日でないと測定不可

オンサイトEL測定なら

オンサイトEL測定なら
夜間に測定するため、
発電を停める必要がありません。

太陽光電池に関わる様々な方の声

太陽光電池に関わる
様々な方の声

様々な方の声

Voice of people with solar cells

発電所オーナー様
発電所オーナー様

太陽電池の健全性がチェックできます!

設置直後や定期的なEL測定を行うことで、太陽電池の健全性を確認できます。不具合の発生した場所のみや、特定の範囲の太陽電池を基準値として定期的に測定することもお勧めです。
施工業者様
施工業者様

設置時に測定することで、施工品質を担保!

太陽電池を架台に設置した直後にEL測定を行うことで、自らの施工品質を担保できます。さらに太陽電池が現地に納品されたときに受け入れ検査としてEL測定を行うことで、運搬時の故障リスクも回避できます。
太陽電池メーカー様
太陽電池メーカー様

工場へ持ち帰ることなく、現場で品質確認

今までは太陽電池を架台から取り外し、メーカの工場にて暗室で1枚ずつEL測定を行っていました。オンサイトEL測定なら、太陽電池を設置したまま測定できますので、取り外しや運搬中に破損するリスクを回避できます。また、品質確認が迅速に可能になることから,対応スピードが格段に向上します。

お申込から測定までの流れ

お申込から測定までの流れ

Flow of application

お申込から測定までの流れ お申込から測定までの流れ

お問い合わせ

お問い合わせ
Contact

必要事項をご入力いただき、プライバシーポリシーをご確認の上、【内容を確認して送信する】ボタンをクリックして下さい。


個人情報を取り扱う際の利用目的についてはプライバシーポリシーをご覧下さい。

快適以上を世の中へ TOENEC
Copyright TOENEC CORPORATION All rights reserved.